ロイヤルティの仕組み

手術室

介護事業を新たに展開する上ではその施設として一般の人から信頼を受けることが大切になります。そのためにはブランド名を利用できることが役立ちます。既存の介護施設などとのつながりがあるように見えることで利用者の獲得が望めるからです。 その手段として既存の大企業とフランチャイズ契約を結ぶというのが一般的な方法です。フランチャイズ契約はロイヤリティを支払う代わりに、ブランド名や商標等を使用する権利を手に入れる契約であり、これを活用することによって宣伝広告による知名度や信頼度の獲得を円滑に行うことができるようになります。また、フランチャイズ契約の行い方によっては資材の流通経路や宣伝経路なども同時に利用させてもらうことが可能になります。

フランチャイズ契約が最もその力を発揮するのは起業のタイミングです。近年のトレンドである介護施設の企業においてはフランチャイズ契約を結ぶのがとても有利にはたらきます。 介護系のサービスを提供する企業が数多く設置されてきている今日においてはそのサービス利用者の獲得が最も大きな焦点になります。そのためには知名度と信頼度をいかにして高めるかが重要であり、そのきっかけ作りとして大企業のブランド名の利用が有効だからです。大企業の名前が見えるだけで一般の人からは目を向けてもらえるようになります。そして、一度利用してもらうことさえできれば、そこから先は自分の事業がいかにうまく展開できるかの勝負にすることができるのです。そういったきっかけ作りにフランチャイズが重要なのです。