フランチャイズ利用

パソコンと看護師

独立してラーメン店を開業する場合には、資金計画を立てたり収支のシミュレーションを行うことが基本である。そして経験に応じて、フランチャイズを上手に活用するのが理想的である。特に脱サラでラーメン店を開業するためには、未経験者にも丁寧にサポートするフランチャイズへの加盟が理想的である。確かにフランチャイズへの加盟では資金が必要であるが、加盟することで食材の仕入れや経営相談などのサポートも受けられるので安心であろう。しかしラーメン店での修業期間を経た経験者であれば、すべてを自力で行う方法も魅力的である。オープンまでの作業を自力で行うことで、少ない資金で開業できるだけではなくて、麺やスープにも徹底的にこだわることが可能である。

繁盛店を目指すためには、集客力を最大限に高めることが一番のポイントである。そのためにはお客に喜ばれるメニューを提供して、新規顧客の確保と固定客の確保にベストを尽くすべきであろう。またリピーターを確保するためには、定番のラーメンと同時に、新しいメニュー開発も進めるべきであろう。商品開発にはアイデアが求められるので、必要に応じてコンサルタントなどのアドバイスを活用するべきである。またラーメン店を新規に開業して繁盛させるためには、コスト削減も考えるべきであろう。そのためには居抜き物件と中古の厨房機器の活用が一番効率的である。また開業前に市場調査を行って、地域の外食サービスへのニーズを的確に把握することが重要である。